緑内障 治し方

緑内障にまつわるあなたのその思い込み。それって本当に正しいですか?

当サイトにご訪問くださったということは、あなた、もしくはあなたの大切な方が緑内障や緑内障予備軍でいらっしゃるのだと思います。

 

突然ですが、あなたは「緑内障は手術をしたり点眼薬を使い続けないといけない病気」だと思ってはいませんか?

 

 

一般的なイメージやあなたが今まで見聞きしてきた情報ではそうだったとしても本当にそれは真実でしょうか?

 

 

また、緑内障になる原因は「身内からの遺伝やご自身の加齢」にあると思っていませんか?

 

意外に思われるかも知れませんが真実は違います。

 

 

これらの事を知らないでいると、医師に勧められるがままに点眼薬を使い続けることになり、点眼薬が効かなくなれば医師の言うがままに恐ろしい手術への道を辿るハメになります。

 

 

緑内障の手術は部分麻酔のため、術中は意識があります。目を開けられた状態での手術となるのでとても怖いそうです。

 

 

私事ですが一昨年、義父が緑内障の手術をしました。

 

義父は普段からどっしりと構えていて少々のことには怯まないタイプの男性なのですが、その義父をもってしても「あんなに怖い思いは二度としたくない」と本当に辛そうに話していたので、よっぽど怖かったんだろうなぁと思いました。

 

 

義父の体験談を聞いたことがきっかけで緑内障について色々と調べた結果、緑内障を自分で改善する方法がある ということを知ったのです。

 

しかも自宅で簡単に。

 

このことをもっと前から知っていれば絶対義父に教えてあげていたのに、と思うと本当に残念でなりません。

 

 

ただ、このことは緑内障で悩む多くの方が知らない、または今まで見聞きしてきた情報とは異なるために、あなたも、

 

「そんな都合のいい話、あるはずないだろう!騙されないぞ!!」

 

とお思いかも知れませんね。

 

インチキ臭い話だと思うのも無理はありあせん。

 

でも、知らないことを理由に可能性を切り捨ててしまう前に、ますば緑内障が起きる原因を正しく理解してみませんか?

 

 

正しい原因を知ればあとは簡単。その原因を取り除けば良いのですから^ ^

緑内障とはどんな病気?どうやって起きるの?

人間のもつ五感(視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚)はどれが掛けてもイヤですが、中でも視覚はもっとも失いたくない感覚ではないでしょうか。

 

緑内障は視神経の形が異常を起こすことによる視覚障害で、擦り傷のように放っておいて自然治癒するものとは違い、放っておくと症状が悪化してしまう非常に怖い病気のひとつです。

 

そして残念ながら日本での失明原因のトップがこの緑内障なんです。

 

 

そもそもなぜ視神経の形が異常を起こすのでしょう。遺伝?加齢?

 

はじめにも書いたように、本当の原因は遺伝でも加齢でもありません。

 

 

緑内障の原因、それは血流障害によって引き起こされるのです。

 

 

血液の流れが悪くなることで、眼の周囲の眼筋・網膜・視神経が弱くなってしまうと、房水(眼球の中にある体液)のバランスが崩れて眼圧が上昇してしまいます。

 

そして房水でパンパンになった眼球が視神経を圧迫することで視野が狭くなってしまうのです(=緑内障)。

 

これらのことは、健康雑誌「ゆびほか」などで有名な日本の視力回復の権威である『日本リバース』の今野氏によって知り得ることができました。

 

 

原因がわかったなら改善方法は簡単ですよね。

 

そう、血流障害を改善して緑内障の原因を取り除いてしまえばいいのです。

 

 

その方法を今野氏が教えてくれます。

 

ちなみにその方法は、今野氏が10年もの歳月とこれまでの実績を組み合わせて考案された完全独自かつ改善率90%以上の方法であるそうです。

 

 

高額な費用を掛けて恐ろしい手術をするという選択の前に、わずか数十分の1程度の費用で、自宅で簡単にできるこの方法を取り入れてみませんか?

 

 

↓↓今すぐ緑内障の苦しみから解放されたい方はこちら↓↓

 

6歳の子でも88歳のお年寄りでもできた!自宅できる改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ